太陽&風の電力で夜道を照らすハイブリッド街路灯はいいことづくめ!

greenz/グリーンズ WINPRO ランス

WINPROホームページより

夜道を照らす街路灯、人気のない道を歩くときは安心だが、誰も通っていないときも煌々と灯りをともす街路灯は電力の無駄ではないかと考えたことはないだろうか。家庭では、「使ってないときはこまめに電気を消そう」なんていっているのに、街路灯は常につけっぱなしなのだから。

そんな街路灯の電気の無駄づかいを解決するのが、ハイブリッド街路灯である。これは風力発電と太陽光発電の両システムを街路灯に組み込むことで、完全な独立電源を実現し、外部からの電力供給を必要としない。

これは、単にエコロジーにつながるというだけではない。独立電源ということは、災害などで停電した場合でも、この街灯自体が故障しない限りは点灯し続けるということであり、ただでさえ不安な災害時の夜間に大きな効果を発揮するという期待できる。

また、先日では東京都新宿区の牛込中央通り商店会(72 店)でも、12基を導入。併せて低消費電力の街路灯32基も設置された。これによって、年間のCO2排出量を6・6トン削減し、電気代約20万円をカットできるという。

greenz/グリーンズ コアテック株式会社 ハイブリッド街路灯
コアテック株式会社のホームページより

現在、コアテック株式会社株式会社WINPROなど、さまざまな会社からこのハイブリッド街路灯が製品化され、東京以外でも少しづつ設置場所が増えているようだ。

風車がついた街灯は見た目もユニーク。あなたの街にもこんなグリーンな街灯はいかがだろうか。