森林再生の証!オフィスに間伐スギのUSBメモリはいかが?

パソコンを使って日夜仕事している私たちにとって、今や欠かせないツール、USBメモリ。こんなものにもエコなこだわりを持ってみませんか?


usb_memory_s.jpg

Copyright more trees

写真は、このたび発売された木製USBメモリ。丸紅インフォテック株式会社と、有限責任中間法人more treesが、more treesのオリジナルグッズのひとつとして共同開発したもの。木目から何とも言えない温かみを感じるこの商品、間伐スギを利用して作られている。

木を使った商品のどこがエコなの?と思った方、間伐材の有効利用は森を再生させるのに重要な役割を果たすことを知ってほしい。

植林活動は、ただ木を植えればよいと思っていたら大間違い!間伐が行われない森は、木が過密に生えたままで成長が悪くなってしまうといった問題が発生する。more treesでは、その名のとおり“もっと木を”を合い言葉に活動をしているが、日本の森林再生プロジェクトにおいては、木を植え、人工林を定期的に間伐し、さらに間伐材の運搬・加工・利用まで考えて活動を進めている。

このUSBメモリの外装に使われているのは四万十川の上流、高知県梼原町にある「more treesの森」の間伐スギ。この森は、more treesが2007年11月から3年間かけて森林整備を進めていて、2008年3月には、高知県から「CO2吸収証書」が発行された。このUSBメモリは、森林再生の証とも言えるだろう。

売上の10%はmore treesの活動に還元されるというこの商品、主にインターネットショッピングサイト「rumors」で販売され、お値段6,825円也。全容量1GBの中にはmore treesのスペシャルコンテンツも記録されているという。

自慢のオフィス用品のひとつとして、心のこもったプレゼントとして、おひとついかがですか?