UKトップクリエーターと一緒に街を再発見!International Creative Workshopが札幌で開催

International Creative Workshop

International Creative Workshop


\3月4日から14日まで、札幌のインタークロス・クリエイティブ・センター(ICC)で、International Creative Workshopが開催される。

このイベントはICCのデジタル工房に世界のトップクリエーターを講師として招へいし、10日間をかけて作品を形にしていくというもの。何より目を引くのは、豪華な講師陣のラインナップだ。

過去にはTomatoRinzenといったビッグネームや、Live Earth UKのアニメーションも手がけたAirsideなどが登場したが、今回の講師は90年代のVJカルチャーを牽引し、今なお映像を使ったインスタレーションで世界を飛び回るThe Light Surgeons!テーマは、「地方生活と地球環境」「文化と文明の間で:’みんなの物語‘」だという。

洞爺湖でサミットが開催されるなど、今年は北海道が何かと熱い。このワークショップでは、”from global imagination, to local creation”をコンセプトに掲げ、グローバルな視点を起点に「想像」しながら、札幌というローカルな土壌で「創造」することを狙いとしている。

参加者は北海道に根付く文化や自然をフィルムに収め、地球環境についてのメッセージをこめて、素材のカットアップを試みる。そうやって出来上がった作品は、北海道で開催される様々なイベントで発表される可能性もあるそうだ。

The Light Surgeonsは、今までも映像を駆使して文化や街の再発見を促すワークショップを行ってきた。また、green peaceの環境映像を手掛けるなど、ソーシャルなクリエイティブの意識がとても高い。

今回は、そんなトップクリエーターの考え方に触れるまたとない機会であり、デザインの力を間近に知ることができる絶好の入口となるはずだ。興味のある方、参加方法など詳細はぜひウェブサイトをチェック!