居酒屋チェーンが広げる、マイ箸の輪

Creative Commons. Some Rights Reserved. Photo by cava_cavien

Creative Commons. Some Rights Reserved. Photo by cava_cavien

居酒屋「酔虎伝」「八剣伝」などを全国にわたって経営しているマルシェグループは、お店に「マイ箸」を持っていこうと働きかける「愛のマイ箸1億人運動」を展開している。また、店舗によっては店にお箸を置いておく「キープ箸」も行っている。

外に食べに行くと、和食のお店ではほとんど必ず出てくるのが、割り箸。ところがこの割り箸、ほとんどが中国から輸入してきたもの。中国の自然を削り、輸入までしているのに、終わったら使い捨ててしまうなんて、ほんとうにもったいない!

そこで、マルシェグループでは「愛のマイ箸1億人運動」と題して、グループの店に来店する場合にも、マイ箸を歓迎し、推進している。もちろん、全店舗で割り箸を使うことをやめ、プラスチック製の箸を導入している。また一部店舗では、マイ箸のキープを行う
「マイ箸キープ」も実践しているとか。

Webサイトでも、マイ箸に関するバナーやロゴ、ポスターなどをダウンロードし、自由にプリントアウトなどをして使用できる。また「愛のマイ箸通信」では、個人や会社、店舗などでマイ箸を推進している活動を取材している。

たくさん使う場所から、少しずつマイ箸に変えていくと、本当に効果がありそうですね。