無売デーって知ってる?

2006年11月25日「世界中が買い物をしない日」がやってくる
普段の生活でなにげな〜くしている買い物。しかしその買い物が、世界にどんな影響を与えているか知っていますか? 世界中で開かれているイベント “無買デー=buy nothing day “は一日買い物をしないで過ごし、消費文化について見直そうというもの。各地でいろんなイベントが開かれています。

師走ももう目の前。クリスマスやお歳暮など、ショッピングが盛んな月に突入する。デパートに行けばクリスマスキャロルが流れ、サンタクロースがあちらこちらに登場して、ショッピングムードは高まるばかり。大切なひとにプレゼントを贈ろうと考えている人は多いはず。そんなシーズンももう目の前ってワケだ。

愛する人やかわいい我が子を想うからこそ、プレゼントは環境にやさしくて、フェアートレードなものを選びたいもの。また、お子さんへのプレゼントは、子どもの健康や成長に健全なものを選びたいですよね。これからクリスマスプレゼントを買いに出かける皆さん、ぜひ『お買い物』という行為について考えてみませんか?

買い物や消費過多文化についてみんなで考える日「無買デー」が、11月25日(土)日本各地、そして世界各国で一斉に開催される。無買デーとは、1992年にカナダのアーティストTed Daveが始め、アドバスターズ・メディア財団(Adbusters Media Foundation ) を中心に毎年開催されている市民運動だ。無買デーは別名Buy Nothing Dayといい、昨年は世界62カ国、100万人以上が参加した国際的なBIGイベントだ。

reporteditright_1724
こんなポスターも登場!

日本では、1999年から無買デーのイベントが開催されている。過去のイベントは、沖縄、大阪、京都、横浜、東京など各地で開催され、昨年はCATVで無買デーの(非)CMの放映、NPOやNGOのシンポジウム、ホームレスのホームクッキング(?!) など様々だ。しかし、なんと言っても目玉は京都で行なわれている『禅タクロース』だろう。

禅タクロースは繁華街でサンタの衣装を着て瞑想をし、買い物に忙しい人々の心の平穏を祈りながら、宇宙船地球号にとってサステイナブルな経済へのパラダイムシフトを祈っている。

なんで買い物がいけないの? という人もいるだろう。 

クリスマスの定番であるクリスマスケーキを例に挙げて考えてみよう。12月に入れば、大型チェーン店がおいしそうなケーキに工夫をこらして販売を始める。さて、ケーキのメイン材料の小麦は、主に海外からの輸入に頼っていることは、みなさんもご存知だろう。小麦の需要に応えるために、化学肥料で大量生産を可能にしているが、この化学肥料が川に流れ出し、川や海の生態系を脅かしているのだ。世界には小麦を主食としている国も多い。小麦が経済大国に買われ、小麦相場が高騰し、そのため立場の弱い生産者たちが小麦を食べられなくなる、ということが起こっている。

問題はそれだけではない。小麦を日本に運ぶ輸送エネルギーや、CO2排出、そして小麦が長旅に耐えられるよう、防腐剤やポストハーベストなどで薬漬けにされた小麦は、本当に地球に、そして私たちの健康に安全なのだろうか?それから問題は遠くのお国だけでは留まらない。昔から地域を支えてきた街角の小さなお店の存続までも脅かしているし、きれいなラッピングや梱包材の多くは、そのままゴミ山に捨てられてしまう。

「私が無買デーに参加した理由は、ゴミを減らし、日常茶飯事になっている消費を休止させたかったからです。昔は経済優先で、『もったいない』精神を理解している年配の人々しか理解を示してくれませんでしたが、近年になって温暖化について関心が高まり、ゴミの削減が必要不可欠となってきました。また、スローライフやフェアートレードといった考え方も浸透しつつあります。昨今は無買デーも社会に受け入られ、街の人々もすぐに理解を示してくれますよ」

と、無買デー日本ネットワーカーのガブリエル・ハードさんは語っている。

今年で15回を迎える日本の無買デー。日本各地でも様々なイベントが開催される。エコなあなたも消費中心的なライフスタイルからシフトしてみませんか?

11月25日(土)開催イベント

<東京>
ナマケモノ倶楽部の「無買キャンプ」
<名古屋>
ストリート・サッカー。サッカーをするのは「地球」。どうしてこんな「対戦」が? と驚きの対戦相手が登場。
<大阪>
ホームレスの方々のホーム(!?)クッキングパーティ
<京都・沖縄>
毎年恒例「禅タクロース」による瞑想パフォーマンス

<長野市>長野市の若い人たちにより設立したワーキンググループ、N2C2がイベントを主催
<長野県佐久平市>エコグループ「草やろー」が「少買多生」というイベントを主催。企業をひとつの人格として描き出した映画『ザ・コーポレーション』を上映

詳しくはBuy Nothing Day JapanのWebサイトで
http://www.bndjapan.org