エコに吹かれてゆとりのジョニー

エコロジーは楽ではない。しかしそれが面白い。
ジョニーのエコライフは不器用です。エコライフだけでなく、すべてが不器用です。でも、いいんです。楽しければ。

greenz に関わってからと言うもの、私の生活はどんどんエコまみれになっていきました。エコと言う名のもとに偽善や自己陶酔にひたらないようにするには、自分で行動するしかない! と思いながらも、なかなか難しいものです。そんな中でも「えいやっ!」と初めてみると、意外と習慣になってしまってそう気にならなくもなるのが不思議。そんなジョニー的エコをいくつかご紹介します。

・傘の袋
雨の日に店や建物に入る時に傘用のビニール袋がいたるところにありますよね。その横にそれ用のゴミ箱がありますよね。何かものすごくもったいない気がしたので、マイビニール傘袋をゲットしました! と言っても、ただたんに一度使った傘袋を乾かして携帯してるだけですが。どこかにcool なマイ傘袋ありませんかね。

・マイ箸
これは結構ブームになってるらしいですが、僕の場合は、割箸に使われる木材資源よりもマイ箸を洗う水資源の方がもしかしたら環境コストが高いのではとか思い悩みましたが、結局「意思表示に意味がある!」と、マイ箸携帯に踏み切りました。今はお金もないので、安いプラスティックの「千と千尋の神隠しマイ箸」ですが、いつかは青森ひばとかでできたかっちょいいやつにしたいです。

reporteditright_1424

・マイバッグ
これは意外と長い間実行できないでいたんですが、渋谷で服を買ったときにイイ感じのでっかいビニール袋をいただいたのでそれを使っていました。が、買い物袋として使っているうちに重さに耐えかねて破れてきたので、今はネット系イベントでいただいたfirefox のロゴが入ったビニールバッグを使っています。バリバリIT ブランドのバッグから朝食シリアルやキャベツがチラリと見えるヴィジュアルに妙にハマっています。

・スーパーの選び方
なぜか私の住む町の最寄りのスーパーは2件同じようなサイズのが手前と奥横並びになっています。どちらで買ってもいいのですが、いつもあえて奥の方で買っています。ひとつはそこで深夜に働いているウズベキスタン人に妙に愛着があるから(これはそうエコでもない)。もうひとつはレジで袋を断るとスタンプがもらえること。マイバッグもちゃんと売っています。そして、ペットボトルやプラスティックトレーの分別回収をしてるのもセクシー。自分の住んでる文京区はプラスティックの分別がないので、分ければ再利用できるのにすべてゴミ行き! これは僕なりのささやかな抵抗なのです。

とりあえず、こんなところですが、一番に心がけたいのは常に心にゆとりを持つことです。いくら環境にやさしくても人にやさしくなれないとなんだか寂しいし、自分も含めて今の時間とか目の前のことを大切にすることが、エコへの一番の近道じゃないかなあ、と思いながら今日もマイ箸を家に忘れてもんもんとしています。