グローバル経済を語ろう

市民の立場からグローバル経済を語りあうイベント、「WTO/FTA・市民フォーラムin神奈川」。第11回目の今回は、「神奈川発:私たちの暮らしとグローバル経済」をテーマにしたシンポジウムを中心に、グローバル経済に関するさまざまな情報の交流を行っていく。

開催日時は10月7日(土)13時から8日(日)の15時まで。場所は、新横浜のオルタナティブ生活館。21時からの交流会のため、寝袋や貸し布団で宿泊することもできる。

シンポジウムのパネリストは、食政策センタービジョン21代表の安田節子さん、在日外国人についての活動をしている島本篤エルネストさん、NPO法人「ピースデポ」理事の田巻一彦さん。コーディネーターは「環境・持続社会」研究センター理事の佐久間智子さん。

シンポジウムの翌日は、グローバル経済に関する全国各地の活動などの紹介や、野宿者たちの現状を知るために、寿町をおとずれる。参加費はシンポジウムのみ参加で1,000円。懇親会のみ参加で2,000円。全日程参加(寝袋持参)で5,000円。

申し込み・問い合わせ先
「WTO/FTA・市民フォーラムin神奈川」事務局担当
国際青年環境NGO A SEED JAPAN

FAX:03-3341-6030
info@aseed.org
http://www.aseed.org/