環境問題の根源について学ぶ

1月23日(火)〜3月6日(火)、社団法人日本環境教育フォーラムと、財団法人損保ジャパン環境財団が共同で主催する「市民のための環境公開講座」が開講される。

講座が開かれるのは、毎週火曜日の計4回。「環境問題の根源を学ぶ」という共通のテーマをもとに、各回違う講師を迎え、それぞれの立場から講演してもらう。

講座のテーマは、1月23日は「環境問題 〜科学史の一視点から〜」、1月30日は「日本の自然観と風景観」、2月20日は「いのちを守るふるさとの森 ―日本から世界へ」、3月6日は「水俣病50年から学ぶもの 〜水俣学への模索〜」。あらゆる分野から環境問題について知ることができる。

時間は各回ともに18時30分〜20時。受講料は4回分一括で2,000円。会場は新宿の損保ジャパン本社ビルにて。

企業人から主婦まで、幅広い参加者が受講しているこの講座、環境問題について、深く考えるきっかけや手がかりがつかめることだろう。

お申し込み・詳細は
市民のための環境公開講座
http://www.sjef.org/kouza/