いい家つくろう勉強会

こんにちは。インターンの津久井あみです。8月26日に銀座吉水という宿で開かれた、「いい家つくろう勉強会」にタイムキーパーとしてお手伝いしてきました。

「銀座吉水」とは女将(中川誼美さん)が細部までこだわり抜いた旅館です。食事はすべてオーガニック、生産地を自分の目で見た材料のみを使っています。旅館の内壁は珪藻土(けいそうど)を使用し、畳、布団にまでオーガニックで育てられたコットンを使用しています。

reporteditright_600
珪藻土を使った壁、さわると、しっとりと優しい

そんなステキな旅館で「住まい手にとって本当にいい家」をテーマに勉強会が開かれている。全4回の今回は3回目で、テーマは「環境と建築」でした。

女将さんのおもしろくて、ためになる、お話。難しいことをするのではなくて「日本のちょっと昔の暮らしに戻ればいい」というのは、目からうろこでした。

その後は吉水のおいしいお昼ご飯をいただきました。少しずついろいろな旬のものが食べられ、また、見た目もきれいでした。とてもおいしかったです。

おいしい吉水のお昼ゴハン

午後は建築家の山田先生のお話。世界の地域の建築の話から始まり、現代の日本の建築がいかに日本の気候に合ってないかなど、さまざまなためになるお話を伺いました。

私はこの勉強会担当として、名簿作成のお手伝いをしたりしていたので、無事に終わってホッとしました。ひとつのイベントには多くの人が関わって成り立っていることもわかりました。

タイムキーパーとしては少し緊張しましたが、話している方がアイコンタクトしてくださると、役に立っている、と思えてうれしかったです。いい経験になりました。