グリーン契約法案でエコ政府

朝日新聞によると、自民党がグリーン契約法案をまとめ、今秋の臨時国会への提出をめざしている。政府は普段からさまざまなものを購入調達するわけだけど、原則、最低価格で入札した業者と契約している。でも、それがエコじゃなったら? 市民の健康を害するものだったら? 結局将来、そのためによけいなコストがかかる可能性が高いのだ。

そこでグリーン契約法は、価格だけでなく、購入後にかかる燃料費や、温室効果ガスの削減費などをあらかじめ計算し、総合評価で契約を結ぶよう中央省庁に義務づけるし、地方自治体にも努力を求めるとのこと。ぜひ、もっともっとエコな政府になってほしいですね。