自然食なのにバイキングって!?

はじめまして。中央大学法学部3年生のタカヤマエミです。現在begood cafにインターン中で、今回”greenz.jp”でブログを書かせていただくことになりました。テーマはロハス!まだ学生の身で知識も少ないし、あまり偉そうなことは言えませんが、“生活を楽しむ”というポイントに焦点を絞って私なりにロハスライフを実践して紹介していきたいと思います。

ロハスライフといってもなにからはじめよう……と思っていたら、タイミング良く私のホームタウン南大沢に自然食レストランがオープンしました! しかも自然食のバイキング!! って自然食なのにバイキングって絶対あやしいし、値段高そう。でも気になるので潜入することにしました。

お店の名前は「はーべすと」。場所は京王線相模原線南大沢駅から徒歩1分のアウトレットのレストラン街の中にあります。値段は意外や意外! ランチは1,554円(平日)、2,079円(土日祝)、777円(小学生)。貧乏学生の私でもいける、とほっとしつつ中へ……驚いたことに、とにかく種類が豊富で、ざっと50種類はあります。お店の雰囲気も、人は多いけど、清潔感があって良い感じです。でも、問題は味!とりあえず食してみることに。

reporteditright_156
感じのいいお店
どれもおいしかった!

正直言って、全部驚くほどおいしかったです。旬の野菜が豊富に使われていて、薄味だから食材の味が生きています。しかも種類が多い。全部制覇してやろうと、スプーン一杯分くらいずつ盛っていったんですが、それでも全部は食べられず、悔しいやら嬉しいやら……。

飲み物も充実していて、りんごやオレンジのジュースにお茶が数種類、有機栽培コーヒーもじゃんじゃん飲めます。このお店、かなりやり手です! バイキングにありがちな手抜き感が全くありません。お漬物やふりかけまで美味しいです。

今まで、食べ物には特に気を使ったことはなかったけど、体に美味しいというのはこういうことなのだな、と実感するごはんタイムでした。

ネットで調べてみたら、池袋、町田、青葉台などにもありました。知ってた方、ひとりで騒いですいません。まだお試しでない方はぜひ足を運ばれてはいかがでしょうか。